FXの入門的な説明

FXという言葉を最近よく聞くと思います。簡単にいえば通貨の売買の取り引きです。通貨というのは円やドルなどのことですが、これはニュースでよく見かけるとおり変動しています。FXでは安いときに通貨を買って高くなってから売ることで利益がでます。

 

簡単に要点を例えてみます。1ドルが100円の場合に1,000ドルを買いたければ「100×1,000=100,000」で10万円が必要です。そして、そのドルを手元に置いておきしばらくたったときの為替が1ドル=110円だったとします。

 

この場合は1,000ドルは日本円で「110×1,000=110,000」で11万円になります。つまり以前に10万円で買っておいた1,000ドルが11万円の価値に跳ね上がったということです。

 

FXは今では個人でも手軽にできます。まずはデモトレードなどで体験してみるとよいと思います。